面接では退職理由を明確にしておいてください

転職で面接試験を受ける際に注意すること 現在転職をするために転職活動を行っている方も多いのではないでしょうか。転職する理由は様々ですが、活動を行う時はしっかりと計画を立てて行う必要があります。採用試験を突破するには、この面接対策をしっかりと行うことが大切です。特に転職の場合、現職、前職の退職理由を明確にしておいてください。

面接で必ず聞かれるのが、前職、現職の退職理由です。どうして今の仕事を止めるのか、その理由を用意しておいてください。今回転職を考えた理由、またきっかけや経緯など、自分なりの回答を用意しておいてください。企業では転職する理由を把握することで、責性が強い人であるかどうか、自社が求めている志向性とズレかないかなどを判断します。中途採用の場合、前職を退職している人たちが対象になりますので、採用する企業側も、現職や前職を退職することは認めています。しかし転職理由があいまいであれば、たとえ採用してもまた同じような気持ちで辞める可能性が高くなります。転職すること自体は悪くありませんが、退職理由については面接官が納得できるものである必要があります。そのため転職で面接にのぞむ時は、現職、前職の退職理由を明確にしておくことが大切です。

オススメのサイト

Copyright (C)2019転職で面接試験を受ける際に注意すること.All rights reserved.